エンタメ PR

田中真美子のハーフ・クォーター説は本当?出身地や家族の国籍は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

メジャーリーガーとして世界的なスター選手となった大谷翔平選手と結婚した田中真美子さん。

そんな田中真美子さんですが、ハーフ・クォーター説が出ているようです。

そこで、この記事では、なぜハーフ・クォーター説が出てきたのかや、実際のところはクォーターやハーフなのかどうかについて書いていきます。

田中真美子のハーフ・クォーター説は本当?

田中真美子引用:富士通スポーツ

田中真美子さんは、とても美人で可愛らしい方ですが、クォーターやハーフなのではないかという噂が出ていました。

そこで、田中真美子さんがクォーターやハーフなのかどうか調査していきます。

どうなのか気になっている方は、ぜひ読んでください。

生粋の日本人

田中真美子さんは、クォーターやハーフなどではなく、生粋の日本人だと思います。

本人が正式に発表しているわけではありませんが、ハーフというのはネット上で言われているだけであることから、噂に過ぎないと思われます。

実際に富士通レッドウェーブの公式プロフォールでは、出身地が東京都で国籍が日本となっっています。

卒業した学校も全て国内なので、日本人ということで間違いないと思います。

家族も純日本人

田中真美子さんの家族としては、両親と兄がいます。

両親の情報は一切出てきていませんが、兄は、プロラグビー選手であると同時にアパレルの経営者でもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BlackRams Tokyo(@blackrams_official)がシェアした投稿

兄も日本国籍の東京都出身と公表されていることから、日本人です。

田中真美子さんの家族は全員日本人ということでいいと思われます。

田中真美子がハーフと思われた理由

田中真美子さんは、純日本人である可能性が高いですが、そもそもなぜハーフと思われたのでしょうか。

ハーフと思われた理由としては、

  • ハーフに見えるくらい可愛い
  • 目・鼻立ちがはっきりしている

以上の2つが考えられます。

それぞれの理由について書いていきます。

ハーフに見えるくらい可愛い

田中真美子さんは、高身長で色白なだけでなく、可愛らしい顔立ちをされていることから、ハーフだと思われたのだと思います。

元プロバスケットボール選手ではありますが、モデルとしての経験もあるなど日本人離れした美しさから外国の血が入っていると思われたのでしょう。

実際に日本人女性の平均身長が160cm前後なのに対して、田中真美子さんは180cmあるので、平均身長を20cmも上回っています。

ハーフなのではと思ってしまうのも無理はないのかもしれませんね。

目・鼻立ちがはっきりしている

田中真美子さんは、目・鼻立ちがはっきりとしている美人な方です、

ここまで顔立ちがはっきりとしている方も珍しいので、クォーターやハーフという噂が立ったのだと思います。

日本人ではなかなかいないような方ではありますが、純日本人で間違いありません。

アスリート同士の夫婦であることから、田中真美子さんならば、大谷翔平選手のサポートもしっかりとできると思われます。

まとめ

今回は、田中真美子さんがクォーターやハーフという噂が本当かどうかについて書いてきました。

田中真美子さんは、富士通レッドウェーブで日本国籍の東京都出身ということが公表されていることから、日本人ということで間違いありません。

ここまで顔立ちがはっきりしているだけでなく、高身長で美人という方はいないので、クォーターやハーフと思われたのだと予想できます。

田中真美子さんは、今後もメディアへの出演が多くなると思いますので、ずっと美しい状態でいてもらいたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。