エンタメ PR

大谷加代子(大谷翔平の母親)の経歴や学歴は?田中真美子にそっくりなのは本当?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドジャーズに所属し、打者として日々結果を残し続けている大谷翔平選手。

その大谷翔平選手を育てあげた母親がどのような人物なのか気になりませんか?

具体的には、

  • 大谷翔平選手の母親の経歴や学歴が気になる
  • 大谷翔平選手の母親が田中真美子に似ているのは本当なの?
  • 大谷翔平選手とのエピソードはある?

といったことが疑問として出てくるでしょう。

そこで、この記事では、大谷翔平選手の母親である大谷加代子さんについて書いていきます。

大谷加代子のプロフィール

大谷夫妻引用:NEWSポストセブン
名前 大谷 加代子(おおたに かよこ)
生年月日 1963年(60歳)
出身地 神奈川県 横浜市
身長 170cm

大谷加代子の経歴

大谷加代子さんがどのような人物なのか知らない方も多いはずです。

そこで、大谷加代子さんの経歴について書いていきます。

  1. 学生時代
  2. 高校卒業後
  3. 岩手県に移住後

で書いていきますので、気になるところをご覧ください。

学生時代

大谷加代子さんは、小学5年生のときにバドミントンを始めるようになります。

中学生では、全国大会の団体で準優勝、高校では高校総体や国体に出場した経験があります。

基本的に学生時代は、バドミントンに熱中しており、夜の8時頃まで練習をしていたそうです。

学生時代の情報は、バドミントンのことしかなかったため、恋愛などもいっさいしていなかったのかもしれません。

高校卒業後

大谷加代子さんは、高校を卒業すると三菱重工横浜に就職します。

三菱重工横浜は、バドミントンチームがあることから入社したのですが、練習時間が短いなどそこまで力を入れておらず、成績も県予選のベスト4止まりで、全国大会に出場できるかどうかギリギリのレベルだったそうです。

普通の会社員として働いていた大谷加代子さんでしたが、入社1年目で夫となる大谷徹さんと出会います。

出会ったのは、新入社員が行う応援部とチアガール集まりの時で、二人はスポーツが好きなことから交際が始まり、結婚に至りました。

岩手県に移住後

大谷加代子さんと徹さんは、結婚後に徹さんの実家がある岩手県に引っ越しています。

岩手に移住後は、内職をしていたようですが、大谷翔平選手が小学生になったことをきっかけに水沢市内の焼肉店でパートをするようになります。

子供が幼い間は、週4日から週6日働いていたそうですが、土日だけは休みにしたもらっていたそうです。

また、大谷翔平選手がプロとなり、大活躍してからも仕事は続けていたようです。

大谷加代子の学歴

大谷翔平選手は、頭の良い方ですが、母親も頭が良いのでしょうか。

大谷加代子さんの学歴を調査していきます。

出身高校

大谷加代子さんの出身高校は、横浜立野高校です。

横浜立野高校の偏差値は50です。

横浜立野高校を卒業した有名人は

  • 喜田拓也:プロサッカー選手
  • 坂井宏朱:オートレース選手
  • 山口真理恵:ラグビー選手
  • 喜多建介:ギタリスト・ボーカル
  • 高橋雅也:株式会社ソフト・オン・デマンド創立者
  • 佐々木諒太:サックス奏者・作曲家

以上の6名です。

大谷翔平は母親に似ている?

大谷翔平選手は、母親に似ている部分が多くあるそうです。

大谷翔平選手と大谷加代子さんの似ているところは

  • 運動神経
  • 謙虚さと礼儀正しさ

です。

それぞれ詳しく書いていきます。

運度神経

大谷翔平選手は、193cmと恵まれた体型でありながら俊敏さも兼ね備えた選手です。

もちろん、大谷翔平選手の努力の賜物でもありますが、運動神経は、遺伝による影響があるという研究結果も出ています。

母親が全国レベルのバドミントン選手であったことからその運動神経が遺伝していると考えられます。

謙虚さと礼儀正しさ

大谷翔平選手といえば、謙虚な姿勢と礼儀正しさが世界で絶賛されています。

日本ハム時代のチームドクターだった土屋正光さんによると大谷加代子さんは、ニコニコ笑っている控えめで感じの良い方だったそうです。

大谷翔平選手もいつも笑顔で感じが良いところは母親譲りだと思います。

また、大谷翔平選手は、マウンドに立つときに審判全員に挨拶をしたり、塁間に落ちているゴミは拾うなど礼儀正しい方ですが、この礼儀正しさは、母親の教育の賜物だと思います。

大谷加代子と田中真美子が似ているのは本当?

大谷加代子さんと大谷翔平選手の妻である田中真美子さんが似ていると言われています。

ただ、見比べることがないことから、似ているのかどうかわからないという方は多いでしょう。

そこで、似ているのか顔を見ていきたいと思います。

大谷加代子さんと田中真美子さんの顔が似ているのかどうかについて見ていきます。

二人の顔画像がこちらです。

大谷加代子と田中真美子引用:NEWSポストセブン

目の大きさこそ違いますが、輪郭や雰囲気は似ているのではないでしょうか。

意識をしていなくても大谷翔平選手は、母親に似ている人を結婚相手に選んでいたのかもしれませんね。

大谷翔平と母親のエピソード

大谷翔平選手の両親引用:スポニチ

ここからは、大谷翔平選手と大谷加代子さんのエピソードを紹介していきます。

二人のエピソードは

  • 取材は受けない
  • 自分たちで生活していく
  • 今でも心配

以上の3つです。

それぞれ書いていきます。

取材は受けない

2023年のWBCでは、日本代表が優勝したこともあり、選手だけでなく親にも注目が集まりました。

しかし、大谷翔平選手の両親は、1度も取材には応じませんでした。

「今回のWBCでは、大谷の両親や家族への取材はNGです。その点はかなり厳しく周知されています。実際は、大谷の家族も東京ドームに足を運んで観戦していますが、間違っても映り込んだりすることがないようお達しが出ています。万一、家族に接触したことがわかったら、そのメディアは大谷本人への取材機会を失ってしまうと思います」(テレビ局関係者)

引用:NEWSポストセブン

取材に応じない理由としては、「野球だけに集中してもらいたい」という思いからのようです。

WBCは、大谷翔平選手にとって夢にまで見た舞台なので、邪魔をしないようにこっそりと応援していたそうです。

自分たちで生活していく

大谷翔平選手がプロ野球選手となってお金を稼ぐようになり、兄や姉も働いていることから母親にいつまで働くのか聞いたことがあるそうです。

そこで、母親は「自分たちの生活は自分たちで」と子供に頼らない謙虚な姿勢を見せたそうです。

メジャーリーガーとなった息子に甘えてもいいと思いますが、自分たちで生活していきたいというのは、素晴らしい考えだと思います。

今でも心配

大谷加代子さんは、大谷翔平選手が大活躍している中でも心配な気持ちがあることはずっと変わらないようです。

実際に、大谷翔平選手が登板する試合は見ていられず、外出してしまうのだそうです。

いくら息子がスーパースターになったとしても母親からすれば、1人の子供なので、いつまで経っても心配に思ってしまうのかもしれませんね。

まとめ

今回は、大谷翔平選手の母親である大谷加代子さんについて書いてきました。

大谷加代子さんは、元バドミントン選手で、運動神経が抜群な方でした。

また、田中真美子さんとは雰囲気が似ていることがわかったので、無意識に母親に似ている方を探していたのかもしれませんね。

どんなに大きく、スーパースターになっても母親にとってはいつまでも子供なので、今後も良好な関係を築いてもらいたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。