スポーツ PR

坂本勇人の担当税理士は誰で名前は?脱税による処分の内容は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

読売巨人軍のスター選手で、日本代表にも選出されたことがある坂本勇人選手ですが、脱税の疑いが出てきています。

そこで、坂本勇人選手の担当税理士が誰なのかということが話題になっています。

そこで、この記事では、坂本勇人選手の担当税理士が誰なのかなどについて書いていきます。

坂本勇人の担当税理士は誰?

坂本勇人引用:読売ジャイアンツ

坂本勇人選手の担当税理士が誰なのでしょうか。

担当税理士の名前を調査していきます。

名前

坂本勇人選手の担当税理士の名前については、情報がありませんでした。

多くの野球選手は、球団が契約している税理士に任せると思われますが、坂本勇人選手の場合は、個人で契約している税理士がいるようです。

個人で契約する税理士ということであれば、相当な信頼関係が必要となるはずなので、坂本勇人選手の古くからの友人なども考えられると思います。

今後詳しい情報がでてくるかもしれませんね。

坂本勇人が脱税したのは本当?

坂本勇人選手の脱税疑惑が話題になっていますが、本当に脱税をしていたのでしょうか。

調査したところ、「約1億円の申告漏れがあった」という情報がありました。

また、高級クラブなどの飲食費を必要経費として計上していたそうです。

脱税というのは間違いなさそうですが、どのようなペナルティーが課せられるのでしょうか。

脱税した際のペナルティー内容などを書いていきます。

脱税した際にペナルティー

坂本勇人選手は、約1億円の申告漏れで、修正もしなかったということから、ペナルティーが課せられることは間違いないと思います。

その内容としては、以下の通りになります。

  • 延滞税:最高税率は14.6%
  • 過少申告加算税:新たに納める税金の10%(坂本勇人の場合は、15%の可能性大)
  • 無申告加算税:納付すべき税額に対して50万円までは15%、50万円を超える部分は20%

延滞税は、納めるべき税金を法定納付期限(原則として毎年3月15日)までに納付しなかった場合に課せられます。

過少申告加算税は、確定申告で申告・納付した税額が、本来納めるべき税額より少なかった場合に発生します。

無申告加算税は、期限内に確定申告を行わなかった場合に発生します。

おそらく、坂本勇人選手は全てに当てはまることから、相当な税金を支払うことになることが予想されます。

球団から処分はされる?

坂本勇人選手は、球団からも処分されるのでしょうか。

あくまでも予想となりますが、坂本勇人選手は処分されないと思われます。

坂本勇人選手は、これまでも女性関係などの問題を数多く起こしていますが、処分されたことはないと思います。

そのため、今回の脱税でも球団からはお咎めなしだと考えられます。

もしあるとしても、2軍落ちや罰金くらいである可能性が高そうです。

まとめ

今回は、坂本勇人選手の担当税理士や脱税の事実について書いてきました。

坂本勇人選手の担当税理士についての情報はありませんでしたが、脱税は事実である可能性が高そうです。

坂本勇人選手自身が給料明細を見ることなく、税理士に渡していたようなので、坂本勇人選手の責任感などが足りなかったのだと思います。

プロ野球選手は忙しいことから、確定申告などは難しいですが、給料明細を見るくらいはしてもらいたかったですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。