スポーツ PR

U23アジアカップ日本対中国はどこで見れる?無料見逃し配信や海外から見る方法も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年4月16日にパリオリンピックへの出場を目指して日本代表が中国代表と対戦をします。

サッカーファンや若き日本代表に興味を持っている方は、

  • 日本対中国の試合をライブ配信で見る方法はあるの?
  • 無料で視聴する方法を知りたい
  • 見逃し配信でもいいから試合を見たい

と思うはずです。

この記事では、日本vs中国の試合をライブ配信で視聴する方法や見逃し配信を視聴できる方法などを紹介していきます。

結論から言ってしまうと日本vs中国の試合をライブ配信で視聴する方法は、地上波放送とDAZNがあります。

この記事でおすすめするのは、DAZNでの視聴です。

DAZNは、無料期間こそありませんが、Jリーグの試合を全て視聴できるうえ、リーグ・アンやラ・リーガといった海外リーグの試合も楽しむことができます。
日本代表を応援しよう!
DAZNを利用する

U23アジアカップ日本対中国はどこで見れる?

日本対中国の試合を視聴できるのはどこなのか気になると思います。

日本対中国の試合を視聴する方法を書いていきます。

テレビ朝日

日本対中国の試合は、テレビ朝日にて4月16日(火)の21時54分から放送されます。

試合開始が22時前ということから見やすい時間帯となっています。

アジアでも力をつけてきている中国との対戦となるので、侮れませんが、パリオリンピック出場のためには絶対に負けられないので、応援していきましょう。

DAZN

日本対中国の試合は、DAZNで4月16日(火)の21時54分から配信されます。

試合開始が22時前ではあるものの、仕事などで視聴ができない方もいると思います。

しかし、DAZNであれば、外出先であっても視聴することができるので、最初から最後までテレビがない環境でも視聴ができます。

確実に試合を見たいのであれば、DAZNでの視聴をおすすめします。

日本代表を応援しよう!
DAZNを利用する

U23アジアカップ日本対中国を海外から視聴する方法

WBCの日本対中国の試合を海外に住んでいる方が視聴するにはVPNというサービスを利用することが必要となります。

VPNとは、ネット上で行われる通信を暗号化し、個人情報などの流出を防ぐことができるサービスです。

VPNを利用しないで海外から視聴しようとするとハッキングされるなどの被害を受けてしまう可能性が高くなります。

VPNには多くの種類が存在していますが、今回おすすめするのはExpressVPNです。

ExpressVPNをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 14日間無料保証
  • いつでも解約が可能
  • 様々なデバイスをカバー可能(スマホやパソコンなど)
  • 簡単に個人情報を保護できる
  • 通信スピード・セキュリティーがトップレベル

ExpressVPNは、多くあるVPNの中で最も品質の高いサービスとなっていますが、品質が高いだけあって、無料では利用することはできません。

初めての登録であれば14日間無料で利用が可能ですが、無料期間終了後は1ヶ月あたり約1300円~約1900円かかってしまいます。

有料で使用したくない方は、無料期間終了前に解約することを忘れずに行いましょう。

ExpressVPNの登録方法
  1. ExpressVPNのサイトで「ExpressVPNを購入」をクリック
    ExpressVPNのサイト
  2. 契約期間とメールアドレス、支払い方法を記入し「すぐに加入」をクリック。
    ExpressVPNのプランExpressVPNに情報入力する
  3. ログインパスワード画面でログインパスワードを保存しておく
    ExpressVPNのパスワード
  4. 送られてきたメールのリンクからログイン画面に飛び、ログインする
    ExpressVPNにログイン
  5. ExpressVPNアプリをダウンロードorインストール
  6. ログイン画面は開いたままでセットアップを行う
  7. 「set In」をクリックし、ログイン画面にある「アクティベーションコード」を貼り付けてsign in。
  8. Allowをクリックし、セットアップが完了

30日間の無料トライアル実施中
ExpressVPNを利用する

日本代表の選手一覧

日本代表と中国代表は、どのようなメンバーが選出されているのか知っていますか?

ここからは、日本代表と中国代表の選手を書いていきます。

日本代表

日本代表の選手がこちらです。

背番号 ポジション 選手名 所属チーム
1 GK 小久保 玲央ブライアン ベンフィカ
23 山田 大樹 鹿島アントラーズ
12 野澤 大志ブランドン FC東京
16 DF 内野 貴史 フォルトゥナ・デュッセルドルフ
21 大畑 歩夢 浦和レッズ
3 西尾 隆矢 セレッソ大阪
5 木村 誠二 サガン鳥栖
2 半田 陸 ガンバ大阪
4 関根 大輝 柏レイソル
15 鈴木 海音 ジュビロ磐田
22 高井 幸大 川崎フロンターレ
20 MF 平河 悠 FC町田ゼルビア
11 山田 楓喜 東京ヴェルディ
10 佐藤 恵允 ヴェルダー・ブレーメン
6 川﨑 颯太 京都サンガF.C.
7 山本 理仁 シントトロイデンVV
8 藤田 譲瑠チマ シントトロイデンVV
14 田中 聡 湘南ベルマーレ
17 松木 玖生 FC東京
9 FW 藤尾 翔太 FC町田ゼルビア
19 細谷 真大 柏レイソル
13 荒木 遼太郎 FC東京
18 内野 航太郎 筑波大

U23日本代表は、現時点でA代表に選出されている選手や今後日本サッカー界を牽引することになるであろう選手が多くいます。

パリオリンピック出場は、今後の経験のためにも出場してほしいので、頑張ってもらいたいですね。

これまでの対戦成績

2000年以降の日本代表と中国代表の対戦の内容がこちらです。

対戦年 大会名 スコア
2000年3月15日 親善試合 0-0 △
2000年10月26日 大陸選手権予選 2-3 ●
2003年12月4日 親善試合 2-0 ◯
2004年8月7日 大陸選手権予選 1-3 ●
2005年8月3日 親善試合 2-2 △
2008年2月20日 親善試合 1-0 ◯
2010年2月6日 親善試合 0-0 △
2013年7月21日 親善試合 3-3 △
2015年8月9日 親善試合 1-1 △
2017年12月12日 親善試合 2-1 ◯

2000年以降の対戦成績としては、3勝5分2敗となっていました。

U23ということで、対戦成績はあまり意味をなしませんが、相性の悪さなどはないです。

むしろ、戦力では日本代表のほうが上だと思われるので、絶対に勝利してもらいたいですね。

日本対中国の試合の見逃し配信を無料視聴する方法

U23サッカー日本代表引用:JFA

日本対中国の試合を仕事などの事情から見れなかった方は、見逃し配信はされないのか気になると思います。

日本対中国の試合の見逃し配信を無料で視聴する方法を紹介していきます。

DAZN

日本対中国の試合を見逃し配信を行うのは、DAZNです。

DAZNは、

  • 国内サッカー
  • 海外サッカー
  • 野球
  • モータースポーツ
  • テニス
  • アメフト
  • ゴルフ

などを視聴することができます。

登録方法がこちらです。

  1. DAZN公式サイトで「今すぐDAZNメンバーになる」をクリック
    DAZN公式サイト
  2. DAZNのプランを選択する
    DAZNのプラン
  3. 個人情報を入力する
    DAZN個人情報
  4. 支払い情報を入力する
DAZN支払い情報

日本代表を応援しよう!
DAZNを利用する

PC・スマホではなくテレビ画面で日本代表戦を楽しみたい方

サッカー日本代表の試合は、DAZNで視聴ができますが、どちらもスマホやパソコンでしか視聴ができません。

DAZNは、クロームキャストやFire Stickなどを使用することによってテレビでも視聴できるようになります。

Fire TV StickはAmazonが開発・販売しているストリーミングメディアプレーヤーです。スティック型のコンパクトな本体をテレビやPCモニターのHDMI端子に接続して、DAZNやYouTubeなどの動画配信サービスを楽しむことができます。

Fire TV Stickとは? 何が見れて、何ができる? | マイナビニュース (mynavi.jp)

Chromecast(クロームキャスト)はGoogle製のメディアストリーミングデバイス。Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子と電源に接続して利用するのが基本です。

スマホで楽しんでいたコンテンツをテレビの大画面でも楽しめるようになるほか、簡単なセットアップと使い方の分かりやすさも大きな特長となっています。

Chromecast(クロームキャスト)の使い方・設定とできること 総まとめ | アプリオ (appllio.com)

まとめ

今回は、U23アジアカップの日本代表vs中国代表の試合を視聴する方法について書いてきました。

日本代表vs中国代表の試合の視聴方法としては

  • 地上波放送(テレビ朝日)
  • DAZN

の2つでした。

パリオリンピック出場をかけて、絶対に負けられない戦いとなるので、日本代表が勝利するように応援していきましょう。

日本代表を応援しよう!
DAZNを利用する